1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
真っ赤に染まったZNW
せき‐めん【赤面】
[名](スル)1 赤い顔面。あからがお。2 恥じて顔を赤らめること。また、恥じること。「―の至り」「おとなげなかったと―する」3 感情が顔に表れて赤くなること。「興奮のあまり―する」


恥ずかしさのあまり思わず顔が真っ赤になってしまったと言う甘酸っぱい経験は誰にでも一つや二つきっとある事でしょう。
それはちょっとした勘違いだったり若かりし頃の失敗、はたまた天然ボケだったりと理由は様々だと思います。

もちろん私にもそういう経験があるのです。顔が真っ赤に染まってしまうほどの恥ずかしい経験が・・・

今回はそんな私の若かりし頃のお話しをしたいと思います。

【ご注意】
今回のお話はいつもに比べて若干刺激が強い表現があるかも知れません。
怖がりの方はご注意くださいませ~
・・・と言っても結局は毎度のノリです(笑)


以前より私のブログに訪問してくださっている方はご存知かと思いますけど、私は父親と一緒に自営で建築業をやっているんです。
しかし初めから自営だったという訳で無く、高校を卒業して11年ほど地場の建築会社勤めていました。
どんな仕事でも同じでしょうけどそう簡単に仕事を覚えられるわけでもなく、会社に入って数年はほとんど手元状態でお給料をもらいながら仕事を教えてもらっていると言うある意味『給料泥棒』って感じだったのです。

そんなぺ~ぺ~の私に任される数少ない重要な仕事は『工事写真撮影』だったのです。
工事の状況や鉄筋の本数が解るような写真など、工事工程に合わせて様々な写真を撮る必要があるのです。
殆どの写真は後で取り直しが効きませんのでしっかり気をつけておかないといけません。
その頃の私にとってはその事だけで頭が一杯だったのでした。

そんな中、定期的に撮らなくてはならない『現場全景写真』はかなり苦労していました。
それはその現場が狭小地だったということもあり、まともな撮り方をしていてもフレームの中に収まらなかったのです。
3方を隣地の建物に囲まれていたので工事が進み、建物が建ち上がって来ると当然下からでは全景写真を撮る事が出来ません。
そんな訳でお隣の7階建てのマンションにお願いして、外部階段から撮らせてもらっていたのです。
現場はそこまで大きくは無かったので4階分程上からで充分に全景写真を撮る事が出来ていたんですけど、着々と工事が進みとうとうその外部階段では『現場全景写真』を撮影する事が不可能となってしまったのでした。

『どうしよう・・・』

その当時の最大任務とも言うべき写真撮影を遂行する事が困難となってしまった私は困り果てました。

『せめて屋上に上がれれば・・・』

危険なのでくれぐれも屋上に上がらない様にと言われていたのに、当時のとても生真面目(?)だった私は『なんとしてでも工事写真を撮らなければ怒られるならない』と言う必死な思いの方が段々と大きくなって来てしまっていたのでした。
いろいろな意味で良心と戦いつつ辿りついた階段の最上階。
そこには行く手をさえぎる『良心の壁』とも言うべきフェンスが立ちはだかっていました。
そのフェンスは1m50cm程の高さでしたので乗り越えようと思えば簡単に乗り越える事が出来たのです。
しかし『屋上に上がってはイケナイ』『何とかして写真を撮らなければイケナイ』と言う『良心』と『使命感』の葛藤でしばらくその『良心の壁』の前で立ち尽くしていました。
結論が出ないまま時間ばかりが過ぎて行きましたが、ふとある物の存在に気が付いたのでした。

よく‐そう【浴槽】
湯ぶね。ふろおけ。

・・・なんで?こんな所に???
どういう訳か、そのフェンスに浴槽が立てかけられていたのでした。
当然ながらそれはあまりにもこの場所に不釣合いな存在です。
普段ならば『なんだそりゃ(笑)』って感じで自己解決する所でしょうけど、『良心』と『使命感』の葛藤に疲れきってしまっていた私は

『登りやすそう・・・』

と言う考えが頭をよぎったのでした。
この浴槽に足を掛ければ『良心の壁』を乗り越える事も容易な筈だ!
・・・もう心は決まっていました。
生真面目だった私の心に潜んでいた『悪(ワル)』が目覚めた瞬間。
そう、その時私は仕事の為だとはいえ【せいちろ】から【悪ちろ】へと変貌していたのです。

もう私の心の中には迷いも葛藤もありませんでした。
フェンスに手を掛け『悪(ワル)への階段』とも言うべき浴槽に足を掛け、『良心の壁』を乗り越えるべく私の体は一気に上昇していきました。

いけええええええーーーーーっ!














続きを読む
スポンサーサイト
2006/11/30 21:04 | 心のヒキダシ | コメント(9) | Trackback(0) | pagetop↑
猫の手も借りたいにゃ~

いや~秋も深まって来ましたよね~

秋と言えば、行楽の秋・食欲の秋・読書の秋・芸術の秋などなど楽しみが盛りだくさんですよね。

皆さんも、色々な秋を満喫された事でしょうね!

私も皆さんに負けない位にた~っぷり秋を満喫しましたよ~

行楽の秋 → 現場巡りまくり

食欲の秋 → 移動中の車内でコンビニのおいしいパン食べ放題

読書の秋 → 建材のカタログ読みまくり

芸術の秋 → 図面書きまくり

いや~満喫満喫!

 

・・・早い話、仕事をた~っぷり満喫したって事です(笑)

いや~しかしここ最近は相当忙しかったです(汗)

殆ど休みもなく夜遅くまで仕事をしていても追いつかない位の仕事量だったんです。

そんな時私が常々思っていたことは

 

猫の手も借りた~い!貸してクレー!

 

だったのです。

でも

(猫)『こんな手で良かったらいくらでも使って下さいにゃ~』

な~んて親切な猫ちゃんには私が住んでいる福岡ではなかなか出会うことが出来ません。

現実はそんなに甘くないのです・・・

かといって、すばしっこい猫を捕まえるのも至難の業

仮になんとか捕まえる事が出来たとしても

(猫)『フギャーッ!』

と言って引っ掛れるのがオチでしょう。←当然

 

しかし、世の中捨てた物ではありません。

『捨てる神あれば拾う神あり』

と昔から語り継がれて来た言葉は嘘ではなかったのです!

科学文明が発達した昨今

 

 

 

猫の手は借りる物では無く、買う物となっていたのです!!

 

 

ねこにゃん棒

ねこにゃん棒

科学技術の粋を集めて作られた、まさしくスーパーマシーンと言っても過言では無いでしょう!

 

いや

 

科学技術の粋を集めて作られた、まさしくスーパーマシーンと言っても過言では無いんだにゃ~!

 

折角ですので、これからこの『ねこにゃん棒』の素晴らしい性能の数々をご紹介していきたいと思います。

 

根元の赤い部分にあるトリガーを引くと

ねこにゃん棒 トリガーオン!

本物の猫の腕の様にしなやかで美しい弧を描きます!

 

 

ねこにゃん棒 つめシャキーン!

その上、鋭利な爪まで出てくると言うリアルな作り!

これでありとあらゆる物を引き寄せる事が出来るのです!

 

 

ねこにゃん棒 VS耳かき1

目標発見

 

 

ねこにゃん棒 VS耳かき2

アターーーーック!

 

 

ねこにゃん棒 VS耳かき3 

ひょいっ

 

と、こんな感じでいとも簡単に任務を遂行する事ができるのです。

まあこの程度の事だったら、わざわざこの『ねこにゃん棒』を使わずとも自力でなんとか出来る方々も少なくないでしょう。

 

次はもう少し高度な技をお見せしたいと思います。

ねこにゃん棒 高度技目標発見

目標発見

 

 

ねこにゃん棒 高度技 アターック!

アターーーーック!

 

 

 

 

 

 

続きを読む
2006/11/20 04:02 | 日々楽しく | コメント(13) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。