1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
真っ赤に染まったZNW
せき‐めん【赤面】
[名](スル)1 赤い顔面。あからがお。2 恥じて顔を赤らめること。また、恥じること。「―の至り」「おとなげなかったと―する」3 感情が顔に表れて赤くなること。「興奮のあまり―する」


恥ずかしさのあまり思わず顔が真っ赤になってしまったと言う甘酸っぱい経験は誰にでも一つや二つきっとある事でしょう。
それはちょっとした勘違いだったり若かりし頃の失敗、はたまた天然ボケだったりと理由は様々だと思います。

もちろん私にもそういう経験があるのです。顔が真っ赤に染まってしまうほどの恥ずかしい経験が・・・

今回はそんな私の若かりし頃のお話しをしたいと思います。

【ご注意】
今回のお話はいつもに比べて若干刺激が強い表現があるかも知れません。
怖がりの方はご注意くださいませ~
・・・と言っても結局は毎度のノリです(笑)


以前より私のブログに訪問してくださっている方はご存知かと思いますけど、私は父親と一緒に自営で建築業をやっているんです。
しかし初めから自営だったという訳で無く、高校を卒業して11年ほど地場の建築会社勤めていました。
どんな仕事でも同じでしょうけどそう簡単に仕事を覚えられるわけでもなく、会社に入って数年はほとんど手元状態でお給料をもらいながら仕事を教えてもらっていると言うある意味『給料泥棒』って感じだったのです。

そんなぺ~ぺ~の私に任される数少ない重要な仕事は『工事写真撮影』だったのです。
工事の状況や鉄筋の本数が解るような写真など、工事工程に合わせて様々な写真を撮る必要があるのです。
殆どの写真は後で取り直しが効きませんのでしっかり気をつけておかないといけません。
その頃の私にとってはその事だけで頭が一杯だったのでした。

そんな中、定期的に撮らなくてはならない『現場全景写真』はかなり苦労していました。
それはその現場が狭小地だったということもあり、まともな撮り方をしていてもフレームの中に収まらなかったのです。
3方を隣地の建物に囲まれていたので工事が進み、建物が建ち上がって来ると当然下からでは全景写真を撮る事が出来ません。
そんな訳でお隣の7階建てのマンションにお願いして、外部階段から撮らせてもらっていたのです。
現場はそこまで大きくは無かったので4階分程上からで充分に全景写真を撮る事が出来ていたんですけど、着々と工事が進みとうとうその外部階段では『現場全景写真』を撮影する事が不可能となってしまったのでした。

『どうしよう・・・』

その当時の最大任務とも言うべき写真撮影を遂行する事が困難となってしまった私は困り果てました。

『せめて屋上に上がれれば・・・』

危険なのでくれぐれも屋上に上がらない様にと言われていたのに、当時のとても生真面目(?)だった私は『なんとしてでも工事写真を撮らなければ怒られるならない』と言う必死な思いの方が段々と大きくなって来てしまっていたのでした。
いろいろな意味で良心と戦いつつ辿りついた階段の最上階。
そこには行く手をさえぎる『良心の壁』とも言うべきフェンスが立ちはだかっていました。
そのフェンスは1m50cm程の高さでしたので乗り越えようと思えば簡単に乗り越える事が出来たのです。
しかし『屋上に上がってはイケナイ』『何とかして写真を撮らなければイケナイ』と言う『良心』と『使命感』の葛藤でしばらくその『良心の壁』の前で立ち尽くしていました。
結論が出ないまま時間ばかりが過ぎて行きましたが、ふとある物の存在に気が付いたのでした。

よく‐そう【浴槽】
湯ぶね。ふろおけ。

・・・なんで?こんな所に???
どういう訳か、そのフェンスに浴槽が立てかけられていたのでした。
当然ながらそれはあまりにもこの場所に不釣合いな存在です。
普段ならば『なんだそりゃ(笑)』って感じで自己解決する所でしょうけど、『良心』と『使命感』の葛藤に疲れきってしまっていた私は

『登りやすそう・・・』

と言う考えが頭をよぎったのでした。
この浴槽に足を掛ければ『良心の壁』を乗り越える事も容易な筈だ!
・・・もう心は決まっていました。
生真面目だった私の心に潜んでいた『悪(ワル)』が目覚めた瞬間。
そう、その時私は仕事の為だとはいえ【せいちろ】から【悪ちろ】へと変貌していたのです。

もう私の心の中には迷いも葛藤もありませんでした。
フェンスに手を掛け『悪(ワル)への階段』とも言うべき浴槽に足を掛け、『良心の壁』を乗り越えるべく私の体は一気に上昇していきました。

いけええええええーーーーーっ!














続きを読む
スポンサーサイト
2006/11/30 21:04 | 心のヒキダシ | コメント(9) | Trackback(0) | pagetop↑
身も心も凍えたZNW
いや~夏真っ盛りですよね~!

私が住んでいる九州地方は先日梅雨明けが発表されました!
今年の梅雨は長かったですよね~
じめじめとした梅雨が終わり一気に夏本番って感じです。
訳も無くうきうきしちゃいますよね~!
スイカに花火に生ビールなどなど夏を満喫するアイテムが盛りだくさんありますけど、夏といえば『背筋が涼しくなる話』って言うのも定番の一つですよね。
夏の暑さを吹き飛ばす様な『ひやっ』とする話しは怖いけどついつい見ちゃうんですよね~
実は私もそういう恐怖体験をしたことがあるんです。

今回は私が若い頃体験した身も心も凍える様なハナシをしたいと思います。
久々に長文となっておりますので、お時間があるときにお読みくださいませ。



それは10年程前のある冬の出来事でした。
今となってはスキーは私の趣味の一つになっているんですけど、福岡に住んでいるという事もありスキー場がかなり遠くその当時は自分がスキーをする事になるなんて全く考えもしてませんでした。
そんなある日友人Tからスキーの誘いを受けたんです。
私はスキーなんて高校の修学旅行以来行った事も無かったので当然ながら道具も一切持っていませんでした。
『スキーねぇ・・・』
正直な所いまいち乗る気では無かったんです。
しかし友人Tに上手く乗せられて行くうちに単純な私は段々とその気になり、お古のスキー道具1式をもらえたのと『上手くなると女の子にモテル』と言うなんとも浅はかな理由が決定的となりスキーに行く事にしたのでした。

友人Tがパジェロを持っていたので当初はその車で現地まで行く予定でしたが直前になって何ともタイミングが悪く友人Tは免停になってしまったのでした。
当然の事ながら友人Tには運転させる事ができません。
スキーには友人Tと二人で行く事にしていたので残るは私。
私は普通車しか乗った事がありませんでしたので、パジェロなんて大きい車は怖くて運転なんて出来るハズがありませんでした。
しかも慣れない雪道を走るなんて・・・
そんな私の心配も
『アホか!お前にパジェロを運転させるか!』
の一言で解決(笑)
友人Tはパジェロを買ったばかりだったのです。
という訳で結局私の車(普通車)で行く事になりました。
この車で雪道を走れるのか???と一抹の不安を抱えながら・・・

そして当日、この日の為に買い込んだチェーンとルーフキャリーそして母親から『スキー場は寒いから』と言う理由でむりやり持たされた毛布2枚を車に積み込み友人T宅へ行きました。
時間は深夜12時。
そこからスキー場までは高速道を使って5時間以上掛かるとの事でした。
着いてから1~2時間車の中で寝た後にスキーを楽しむと言うなかなかの強行スケジュールだったのです。
それなのにスキー板を積むために買ったルーフキャリーの取り付けに手間取り更に1時間程のタイムロス
『寝る時間はあるのか?』
と言う心配事を更に追加しつつ、やっとのことで出発することが出来たのでした。

深夜と言う事もあり順調に高速道路に合流する事が出来ました。
暫くは高まる期待に会話も弾んでいましたが、そこは男2人旅そんなに長くは会話は続きません・・・
いつのまにやら車内はカーステレオから流れる音楽だけになっていました。
暫くの沈黙の後、ふと友人Tが口を開きました。
『何か臭わない?』
『うん・・・』
実は、その少し前から私も微かに焦げ臭いと言うか焼けた様な匂いを、うすうす感じていたのでした。
『パチ・・・パチ・・』と言う微かな音と共に・・・
車の故障かとも思いましたが、ここは高速道路上なのでそう簡単にガソリンスタンドに寄る事など出来ません。
どこか心に引っ掛かる物がありましたが、その時は何故かそれほどの危機感を感じなかった私達はそこから数十キロにあるサービスエリアまで走る事にしたのです。
そしていつの間にか言いようも無い緊張感と共に車内はまた静寂に包まれて行きました。

そのまましばらくは特に状況の変化も無いままに車は走り続けました。
『きっと気のせいだったんだ・・・』
忍び寄る見えない恐怖から目をそむける為にそう思い込みたかったのですが、私はふつふつと湧き上がる思いを抑えきれなくなっていたのです。
『もしかしたらあの事が原因なのか・・・』
何時だったのか思い出せない程の昔の出来事がこの事態の引き金になっているのではないかと言う疑心が確信に変わりつつありました。
友人Tにはとても言えないしきっと信じてもらえない事実だったのです。

『あの場所まで辿り着けさえすれば・・・』
もはや私の中で目的地は完全に変わっていました。
当初のスキー場からすると、そこはとても近い場所
『きっと大丈夫・・・』
その時の私は心に迫り来る【認めたくない事実】をかき消したかったのです。
過去の自分の行いに対する自責の念、無くしてしまいたい過去そして後悔。
出来る事ならあの頃に戻ってやり直したい・・・
相変わらず静寂に包み込まれたまま様々な想いに駆られながら向かう【新しい目的地】
そこに行けば全て清算出来る。きっと取り戻せる・・・
私は祈るような気持ちでハンドルを握っていました。
そしてそのまま暫く走り気が付くと、目的地に手が届きそうな所まで辿り着いていました。

『もうすぐだ・・・』
安心したのもつかの間、突然事態は急変して行ったのでした。
段々と焦げ臭い匂いが強くなり、「パチパチ」と言う謎の音もはっきりと聞き取れるようになって来ていたのです。
『間に合ってくれ・・・』
私の頭の中はこの魂の叫びで一杯になっていました。
突然カーステレオが変調をきたし妙な音程で音楽が流れ出し、謎の音も「パチパチ」から「バチッバチッ・・・バン・・バン」とひときわ大きくなったのです。
『え・・・え・・・?』
私はこの不可思議な事態に呑まれどうしていいのか解らず半ばパニック状態になりながらも運転していましたが、
『おい!止めろ!止めろ!』
との友人Tの声にはっと我に返り路肩に車を止めてエンジンを切りました。
『終わった・・・』
ふいにこの言葉が頭の中に響き渡りました。

『ふう・・・』
冷静になって辺りを見てみると、雪がかなりの勢いで降っていました。
そんなことにも気付かない位に冷静さを欠いていたんだ・・・
私は心から友人Tに感謝しました。
そして更に辺りを見回すとニ・三百メートル先にはトンネルの入口、そしてとりあえずの目的地であった『めかりサービスエリア』まであと2キロの案内板がありました。
そこはその昔、源氏と平家が激しい戦いを繰り広げた壇ノ浦のすぐ近くだったのです。

恐る恐る車を降り外から見てみましたが、あれだけ焦げ臭い匂いが立ち込めていたにも関わらず煙も出ていません。
しかし車のエンジンは一向に掛からないのです。
私はエンジンルームの中に何か原因があるかとは思いましたが怖くてボンネットを開けることが出来ませんでした。
かと言ってこのままこんな所で立ち往生している訳にもいけません。
『誰かに助けを求めなければ・・・』
その当時は携帯電話も普及していない時代。当然私も友人Tも持っていませんでした。
深夜で通る車も無く仮に通ったとしてもここは高速道路。
見知らぬ車の為に止まってくれる筈もありません。
『どうしよう・・・』
困り果てていた私達でしたが、ふいに100メートル程先にある『緊急電話』の存在に気が付いたのでした。
そして私は、唯一のライフラインとも言うべき『緊急電話』に駆け寄り助けを求めたのでした。

それから数十分後に彷徨える私たちにとって救世主とも言うべき存在JAFのレッカー車が到着。
降りてきた隊員さんに状況を説明しエンジンルームを見てもらう事になりました。

暫くの間エンジンルームを点検していた隊員さんでしたが、何を思ったのか突然もの凄い形相で、私たちに向かって大声で話しかけてきたんです!
どろどろとした液体にまみれた鈍い光を放つ金属の棒を振りかざしながら・・・




『オイ・・・














続きを読む
2006/07/31 00:16 | 心のヒキダシ | コメント(25) | Trackback(0) | pagetop↑
至福の時間(とき)のZNW
人は誰しも1つくらいは自分だけの『至福の時間』を持っている事でしょう。

私の場合、『床屋さん』にいるときが至福の時間なのです。
決して『美容院』や『HairSalon』などと言う小じゃれた所では無く、あくまでも『理容院』すなわち『床屋さん』なのです。

もちろん『美容院』や『HairSalon』に行った事が無いわけではありません。
私にとってあの肩苦しいオシャレな雰囲気や『何㎝切りますか?』との難解な問いを投げかけられるのがナントも苦手なのです。

【HairSalon VS せいちろ】

(店員)『本日はどんな風にされますか?』
(せ)『短めでお願いします』
(店員)『いや、そう言う意味では・・・』
(せ)『どんな風にって言われても・・・うーん・・・お任せします。』
(店員)『・・・今の感じで短めでいいんですか?』
(せ)『はい。お願いします』<髪の状態:伸び放題>
(店員)『前髪は右から流しますか?それとも左からですか?』
(せ)『おまかせします』
(店員)『今は左に流してあるようですので左で宜しいですか?』
(せ)『・・・?・・・はい。お願いします』<私の状態:良く解ってない>
(店員)『何㎝切りますか?』
(せ)『短めでお願いします』
(店員)『・・・いや何㎝か言っていただかないと』
(せ)『・・・いや何㎝と聞かれても』
(せ)『・・・うーん。それでは3㎝で』<長さの定義:適当>
(店員)『・・・え?3㎝でいいんですか?短めになりませんよ』
(せ)『・・・』

こんな感じでリラックスどころではありません。
私にとってはある種の拷問です。

【床屋さんと私】

(床屋さん)『今日はどうします?』
(せ)『短めで』<時には『普通で』と言うバリエーションあり>
―――完了―――
これより世間話&雑談

コレなんです!これで充分なのです!

『前髪は右から流しますか?それとも左からですか?』とか『何㎝切りますか?』など小難しい専門用語は私に取っては全くの無意味なのです。
コレでは折角のこれから始まる『至福の時間』が台無しです。

だから『床屋さん』なのです!

【至福の時間の一部始終】

他愛も無い雑談と共に軽快に髪を切っていく『ハサミのさえずり』が流れ

王様気分を存分に味わえる『洗髪』を経て

究極の至福の時間『髭剃り』が訪れます

人肌程に温められたシェービングクリームが私の頬そしてアゴに優しく舞い降り、一瞬身じろぎしてしまいそうな熱い蒸しタオルに包み込まれた後、時を経てその蒸しタオルから開放された時

私は『至福の世界の住人』となれるのです。

頬をそしてアゴを優しく撫でるカミソリの感触を味わいながら、私は深い深い眠りに落ちるのです。




このなんとも心地よい時間が私にとっての究極の『至福の時間』
誰にも邪魔されたくは無いのです

邪魔する者は誰であろうと決して許す事が出来ません!


・・・たとえ誰であろうと


―――そう、あれは数年前
私は『いつもの床屋さん』で『いつもの至福の時間』存分に味わっている時の事でした。

私はいつもと変わらず『至福の時間』のメインイベントとも言うべき、頬をそしてアゴを優しく撫でるカミソリの感触を味わいながら深い眠りに落ちていました。
『すぅーっすぅーっ』と言う優しいカミソリの感触に混じってどこか遠くから『ちりちり』と言う初めての感触に気が付いたのです。
まだ完全に『至福の世界の住人』と化している私はそれがなんなのか知る由もありませんでした。
時間が経つにつれ、だんだんその感覚が私にとって近いものとなっていったのです。
『ちりちり』から『ちくちく』そして

『ちくっ』

・・・えっ?えっ?

いつの間にか『至福の世界』から『現実』に戻りつつあった私は、その『ちくっ』が、額の辺りだという事に気が付いていました。

・・・えっ?どうして?何?一体???
まだ寝ぼけている私は全く訳が解りません。

そしてとうとう

『ぢくっ!』

と言う激しい痛みが襲い掛かった時、思わず

『痛っ!』

と声が出てしまったのです。

それと同時に自己防衛本能が緊急発動し、ばっと目を開きました。


・・・私は信じられない光景を目の当たりにする事となったのです。


そんなばかな・・・

イヤだ・・・
続きを読む
2006/04/27 23:37 | 心のヒキダシ | コメント(11) | Trackback(0) | pagetop↑
凝り性なZNW
私は1日の内に結構タバコを吸います。
吸わない人と一緒にいるときは我慢出来るんですけど、PCの前に座って仕事していたり一人で移動中の車の中では相当な物です。
・・・とてもタバコの本数は嫁さんには言えません。

半分クセのような感じで無意識に吸っている時もあるんですけど、タバコを吸うと落ち着くと言うのが頭の中にあるので結構吸っちゃいます。
最近の世の中は『禁煙』の流れになってしまっているんですけど、タバコをやめようと言う気持ちはほとんど起きません。
特にこの頃はタバコのラベルに、あーだこーだ書いてありますけど、莫大な『タバコ税』を掛けてそれが大きな税収の一つになっているのに矛盾してますよね~!
ある意味これもPL法なの?って思ったりもします(笑)
そんな『禁煙チック』な昨今でも、私は『タバコ税の高額納税者だぞ!』とポイントのズレた優越感に浸りつつタバコを吸っている訳です。

そんな私でも、いままでタバコをやめようと思ったことは全く無いと言う訳ではなく、過去に2度本当にやめようと思った事があったのでした。

【1回目】
20代半ばの頃なんですけど、この時はどういう訳か『健康の為』にやめようとある日突然思い立ち、意気揚々と禁煙スタート!
・・・3日後に即座に中止しました(笑)
タバコをやめるのをやめたのは、ごく単純な理由なのであえてここには書きません(笑)

【2回目】
これは去年の春ごろの話しなんですけど、とてもひどい風邪をひいた時だったんです。
私は、単純な構造に出来ているのか普段はめったに風邪をひくことがありません。
まあ、昔のTVみたいに『叩けば直る』って感じで少々の風邪なら『気合と根性』で直って・・いやいや治ってしまうんです(笑)
そんな時の健康のバロメーターが、タバコを美味しく吸えるかどうかでもあるんです。
タバコが美味しくなってきたら『治った』って感じです。

しかしその時の風邪はかなりヒドく、特効薬の『気合と根性』だけではなかなか直らず、ふらふらしながら仕事をしていた訳です。
時には高速道路で事故しそうになった事もありました(汗)
自営業なのでそうそう休めないので仕方が無いことだったんですけどね。

健康のバロメーターであるタバコも一向に美味しくならなかったんですけど、見苦しい私はタバコのタールの量で調整する事を試みたのでした。
10㎜ → 5㎜ → 3㎜ とだんだん下げて行きますが相変わらず美味しくなりません。
そして、とうとう1㎜になった時にやっと『タバコをやめよう』と決心したのでした。
しかし、いざやめてみるとアレだけ美味しく無かったにも関わらずどこか物足りない感じに日々包まれていました。

『どうも口寂しいな・・・』

そう思った私は、ガムでこの寂しさを紛らわす事を決意したのでした。
いざ『ガム禁煙法』を実践して見ると、なかなかどうしてガムが『ウマイ』のです!
おおーこれなら止められる事を確信した私は、精力的にガムをかみ続けました。

『モグモグ』

『ウマイウマイ!』

『こりゃいいや!』

ってな感じで『ガム禁煙法』は快調に進んでいきました。

そして気が付くと
続きを読む
2006/03/07 12:34 | 心のヒキダシ | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
繰り返されるZNW
当記事は、前々回記事『過ぎ去りし日々のZNW』の微妙に続編となっております。

けっして前回記事『過ぎ去りし日々のZNW(BlogPet)』の続編ではございません(笑)


【DANGER】
今回の記事はまたもや長くなってます(笑)
お時間のある時にどうぞご覧下さいませ。




【ここから本編】

いや~めでたしめでたし!

と万々歳で終わるつもりだったんですけど、そうは簡単にいかない今の『残念な私』

実は前編の記事『過ぎし日々のZNW』をいや、元になったコメントを書く少し前からもうすでに『残念な空間』に迷い込んでいたのでした。

・・・結論が出た今だからお話出来るんですけどその時は、正直言ってシャレになりませんでした(汗)

その事をお話しするためにまず最初に私の日々の行動パターンをご説明したいと思います。


私は、自営業で建築業をしていると言う事もあり仕事で遅くなる事もしばしばあるのです。
昼間はほとんど外に出てあちこち移動し無くてはならない為、事務所で集中して仕事する事が出来るのは必然的に夜になるのです。
さすがに毎日では無いのですけど帰るのが遅くなる日も多いのです。
事務所が実家という事もあり時には泊まりになることもあります。

日々忙しくほとんど休み無く働いていると、いざ事務所で仕事をしようとしてもなかなか集中できなくなるものなので、そんな時に休憩がてらちょこちょこブログをやってたりする事もあるんです。
簡単な図にすると以下のようになります。

仕事! → 休憩 → 仕事? → きゅうけい → 仕事 → き ゅ う け い → ハッ!(`ロ´;) → 集中集中集中集中集中 → 以降割愛

上記の様に私の場合は集中力がかなり高まりとても効率が上がるのです。(当社比:通常時の5倍程度)

だんだん話しがそれてきましたが、あの『記憶の扉』が開いた日も実は事務所に泊まりだったんです。
連日遅くまで仕事をしていた事もあり、かなり疲れ気味だったんです。
しかしあのコメントを書いて行くにしたがってテンションが上がりまた更に集中力が高まり仕事が相当はかどりました。
そして朝になる頃には色々な意味でささやかな達成感に包まれていたのです。

そしてしばしの間、『いつでもどこでもすぐに眠れる』と言う素敵な才能をいかんなく発揮して仮ベット(ソファー+布団)にて太く短く就寝の後、さわやかに起床。
その日は珍しく外に出る用事が無く、引き続き事務所仕事をやっていたのですが、お客さんより『打ち合わせに来て欲しい』との以来を受けて午後1時に伺う約束をしたのです。
その場所は、事務所から都市高速を使って30分程走ったところにありました。

私は、余裕を持ってちょっと早めに事務所を出て車に乗り込むべく少し離れた所にある駐車場に歩いて行ったのですが、

・・・・・ん?

・・・

・・・

・・・ない?

・・・・なんで?

なぜか私の車が見当たりません?

あるのは、仕事に来ている職人さんの車だけです。

いまいち状況が把握できません。

・・・ない?

・・・何がない?

・・・???

・・・・ないって何?

・・・なんで???

その時にふと、午前中に掛かってきた私の嫁さんとの電話のやりとりを思い出したのです。

(嫁)『駐車場の近くを通ったけど、車が無かったから居ないと思って事務所に寄らなかったよ』

(せ)『へ?今日はまだ出かけて無いよ~・・・あれれ?事務所の前に車を置いたままにして忘れてたっけ???ははは(笑)憶えてないや~(笑)』

(嫁)『多分疲れてるのよ~(笑)』

(せ)『そうかもね~!でもなんかアホっぽいね~(笑)』

その時は、そんな会話を交わし大して気にも留めていませんでした。

・・・そう言えば考え事をしながら歩いていたので、事務所の前に車があったのか全く気にも留めていませんでした。

(せ)『我ながらアホだ(笑)』

と軽くお茶目な事をしてしまった自分を責めつつも、ちょっぴり『残念』な可愛い自分を微笑ましく思いましたとさ!


『残念が新たな残念引き起こす』
                          by.せいちろ

【この句に対する素晴しい贈り物の数々】
座布団1枚:寄贈 tamagawa3様 




結局、時を経ても『ZNW』は『残念な私』でしか無かったという事です。






『・・・ネタ弱すぎっ!』















↓ 『ネタ弱すぎっ!』と思った方は続きをご覧下さい ↓
続きを読む
2006/02/18 02:31 | 心のヒキダシ | コメント(9) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。